普通の主婦(酒婦?)tohkaの日々の日記です♪


by sta_n1111
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

初恋の人からの手紙

今、流行りの初恋の人からの手紙をやってみました。



初恋の人から冬華さんへお手紙が届きました。

--------------------------------------------------------------------------------

冬華、元気?
もう彼氏にメガネをかけさせる衝動は治まりましたか?メガネをしてなきゃ男じゃないと言っていた冬華をなつかしく思います。

おれのことが面倒くさかったのか、話し合いもせず冬華が一方的に連絡を断ったあのころから、もう28年が経ったんだね。月日が流れるのは早いものです。

この手紙を書いたのは、特に用事や理由があるわけではないんだ。ただ昨日友達と会って冬華の話題が出たから、ひさびさに思ったままでも何か書いてみようと思って。びっくりさせたかな。

今あのころの付き合いをあらためて考えてみると、うちらってめちゃめちゃな恋愛でしたね。なんだかんだ言っても余裕があるのはいつも冬華のほうで、おれはいつも不安がっていたような気がします。そういえば冬華はよく「私と別れたら大丈夫なのかなぁ。心配」って言ってましたよね。心配なわりにバッサリいって、すっきりしていた冬華が忘れられません。

そういえば冬華にとって、おれが初恋の相手だったのかな?冬華は表情には出さないようにしていたけど、最初のころはやけにガチガチだった印象があります。今ごろ男慣れしたんだろうなぁと思うと少し切ないです。

まだ付き合いたててラブラブだったころ、冬華は「こんな幸せな気持ちになったことがない」と言ってくれましたね。あの言葉は忘れないけど、数日後にチーズたいやきを食べて同じセリフを言っていたときには、傷ついたものです。

冬華との恋愛から得たものが何なのかなぁと振り返ると、たくさんのものがあることに気付かされます。特に、やや性格がキツめで男勝りな人をなんとか受け流していくという方法を学べたのは収穫でした。どうもありがとう。

いろいろ書いたけど、おれは冬華が大好きでした。これからも冬華らしさを大切に、あと、Gカップになるという夢もそのまま追いかけながら(笑)、新しい誰かと幸せになってください。

またいつか会いましょう。では。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

わははは~~!!!
さらに分析も笑えます。





冬華さんについての分析結果は以下の通り。

--------------------------------------------------------------------------------

【短評】
タフで強気。甘ったれた男性が受け付けらないが、依存されやすくもある。男性を「面倒くさい」と感じやすい。
【あなたの恋愛事情を考察】
冬華さんは基本的に、何でも自分の力でなんとかしようとするタイプだと思われます。それによって獲得した能力は誇れるものですが、逆にその強さが男性を引き寄せません。いや、冬華さんにとってあまり恋愛感情が起きないような、ドキドキできない男性たちは引き寄せるようですが。

冬華さんは無意識に、甘える自分というのを封じ、人に頼らなくていい強い自分を目指していることと思われます。自分の中に「弱い自分」がいてはならない状態では、当然、他の人の中にも「弱さ」を感じるとイライラするのです。自分以外の男性が弱いとき、腹立たしく思うのです。

その結果、自分よりはるかに器が大きい男性(完成品)を求めさまよい続けるか、冬華さんのほうに振り向かないような男性と恋愛しやすくなります。例えば「特定の彼女はいらない」という男性だったり、彼女持ちの男性だったり。

ここから言える、冬華さんにありそうな問題点を列挙します。

◆素直に甘えられないので、男性と対立的になるか、男性がヘコむ。
◆弱い男性は生理的に受け付けない。彼氏が弱ると冷める。
◆消去法の結果、「悪い男」との恋愛率が高まる。


私を知っている人は大笑いするだろうなぁ・・・・と思った。
確かに・・・・です・・・(汗)
でも好きになった過去の人に「悪い男」はいないよ。

皆さんもぜひ!!!

ランキングに参加しました。クリック協力お願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ

にほんブログ村 主婦日記ブログへ

[PR]
by sta_n1111 | 2009-03-17 23:37 | 日々の暮らし